福島県矢吹町の東北道矢吹ICから磐越道小野ICを結ぶ、地域高規格道路…

それが「あぶくま高原道路(愛称)」です。

福島空港のアクセス、地域の広域的な連携や交流が期待されている道路でもあり、東北道と磐越道を含め「トライアングルハイウェイ」とも呼ばれたことも。
無駄な公共事業の代表として取り上げられたり、首都機能移転の話題に盛り上がったりと様々な経緯を持つ道路です。

当ブログでは、その様な難しい話は一切無し。
純粋に「道路としての魅力」が詰まったこの路線を見ていこうと思います。

さて…今回はこの路線にある「うつくしま大橋」を見ることにしましょう。
一時期、福島県内の道路橋梁では一番の長さを誇った橋梁です。


DSC04312

あぶくま高原道路本線を。すでに見えています。
そのカーブの先に・・・


DSC04317

阿武隈川を渡る「うつくしま大橋」が…
見事な構造物…その先には玉川ICも見えます。
ゆったりとした線形に惚れ惚れしてしまいます。これほどまでに先まで見えるというポイントもなかなかありません。

DSC04331

福島県道路公社管理の為、いつものロゴはありません。

DSC04341

うつくしま大橋は1260mの長大橋梁です。
これは一緒に並んでみたい・・・その先に進むとしましょう。

DSC04345


DSC04343