NEXCO中日本のコーポレートカラーのオレンジを見ると、「遠くに来たなぁ」と感慨深くなるのです。


その中でも、東海北陸道や名神高速道路というのは東北からはとても遠いイメージがあり…特に名神は「そのうち走れるかなぁ」と思っていた路線。

今回は愛知県では「初高側道」!。

東海北陸道の一宮西インターは住宅街の中にあるインターチェンジ
高架下に潜り込んでいます。
DSC00680

一宮ジャンクションの標識もチラ見え。
「E1 名神」「E1 東名」が東海地方にいることを実感させます。


DSC00682

思った以上に閑静な雰囲気

DSC00684

一宮ジャンクションまで1km

DSC00686

近くに歩道橋があるので上がってみました。
高山方面。
高架が続きます。

DSC00687

一宮ジャンクションの案内標識でしょうか。
標識支柱の裏側はパンチングメタルを曲げ加工して立体感を出している様です。
支柱自体を見せないような目隠しの役割でしょうか。

DSC00688

歩道橋の上から名神方面
凄くグッとくる風景。
高速道路本線と緩衝緑地、側道と一般道全ての風景がここに詰まっています。

DSC00690

高速道路本線の雨水などを流すための雨水管。
付帯物もカッコいいです。

DSC00696

東海北陸道の下を通る一般道は、愛知県道14号
交通量はかなり多いです。

DSC00699

高架下に広がる鋼桁の風景
規則正しさが美しさを際立たせています。

DSC00700

この道が岐阜県を貫き、数々のトンネルと橋梁を経て富山県砺波市へと繋がるのです。

DSC00703

一宮西インターの内照標識が少しだけ見えました。

DSC00705