関越道の最大の山場といえば、群馬県と新潟県の間にある谷川岳を打ち抜く「関越トンネル」

全長は約11km、かつては日本最長の道路トンネルでした。
そんな関越道の関越トンネルの脇に沿う側道へ・・・

上り線側は谷川岳パーキングエリアに一般道からの「ウォークインゲート」があるので、アクセスは楽です。

DSC02895

ただ、物凄い高いフェンスがあるため本線の姿はフェンス越しでしか伺えません。

DSC02882 - コピー

下り線側に行ってみると・・・見えました。
オレンジ色のナトリウムランプ。関越トンネルの下り線側坑口です。

DSC02917

その長さは「10,926m」
約11kmの長大トンネルです。関越道の群馬県最北端、トンネルを越えれば新潟県。
(上り線は11,055mです。上下線で若干違いますね)

DSC02920

迫力満点。圧巻でした。
トンネル内に滑り込む車は絶えず、トンネル内の走行音の反響が不気味にも感じられます。


DSC02922

DSC02921

上越国境を打ち抜く関越道。

DSC02923

坑口は進入時に圧迫感を少しでも減らすために断面形状や仕上げ材に工夫が凝らされていますが、側面から見る関越トンネルはコンクリートの塊。無機質さ、重厚感・・・土木技術の粋を感じさせます。

DSC02926

DSC02928

「水上 14」カルバート
これが関越道の群馬県最北のカルバートでしょうか。

DSC02930