東北道から分岐して相馬へ向かう東北中央道は、東北新幹線と国道4号を越えて更に阿武隈川も越えます。
阿武隈川を越える橋が「伊達大橋」です。

本線には東北道の桑折JCTの案内も出ています。
米沢方面に向かう、東北中央道は桑折JCTから福島JCTの間は東北道との重複区間になります。

DSC04211

かなり高い盛土の上に本線がありました。


DSC04212

そして、阿武隈川を越える東北中央道「伊達大橋」です。
長大なコンクリート橋。PC4径間連続箱桁橋という構造のようです。


DSC04217


DSC04223

橋梁の側面には点検用タラップや雨水管が設置されています。
これも含めての橋梁。規則正しさがとても美しいです。

DSC04225

背かご、踊り場付きのタラップ。
太陽の光で溶融亜鉛メッキが眩しく感じました。

DSC04227

阿武隈川を渡り、本線は相馬方面へ。

DSC04219